読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷 Cafe&Bar 人間関係・cafe de copain

喫茶店

 TGIフライデーズを出た後も特段行きたいところというのもなかったので、西口のゲームセンターでいくらか遊んだ後、同じく西口の古本チェーンに。

 それも終わって15時近くなった頃、少し歩けたしどこかに座ろう、ということで、渋谷駅井の頭通りから脇道に逸れたところにある、人間関係という喫茶店に行きました。

 以前に渋谷の喫茶店についてIさんと話をした時に名前の挙がった喫茶店で、個人経営の喫茶店だとここがよさそうだ、という話でした。店に入ってみての印象は、30年以上やっている古い店の割に、あまりそういった雰囲気はないな、というところでした。店の前に飾られた明朝体の「人間関係」のセンスはかなり古めかしく感じられましたが、中に入ってみると客層はかなり若めで大学生から20代後半くらいまでの方で賑わっていました。店内も流行最先端という感じではないにしても、それほど古臭い感じもなく、シンプルなテーブルや内装は、喫茶チェーンを思わせるものがありました。

f:id:nhermann:20150527151341j:plain:w400
(スペシャルコーヒーLサイズ、300円 スコーン、100円 ピーチ・パイ、380円)

 ここの一番の売りは100円のスコーンで、プレーン、ブルーベリー、チーズほか全部で10種類あるとか。他にもパウンドケーキやパイが並べられてありますが、スコーンと比べると高めでやや見劣りするかな、といった感じ。

 ドリンク、軽食ともに手広く揃えられており、内容もかなり今風のものが多い印象を受けました。
 ただ、コーヒー類は機械式で、味も決して悪くないにしても、これというところのない味で、コーヒーを目当てにするには正直不足かなと思いました。ジュースや紅茶のフレーバーは機械任せのコーヒーと比べると幅が広かったので、こちらは期待していいかもしれません。スコーンの味は、まさに小麦粉、といった感じの食感・味で、クリームをトッピングしてもらわなければ甘味もかなり淡白ですが、甘いものに強くない私には、これくらいがちょうどよく、一口齧ってむしゃむしゃやってコーヒーで流し込むと、とても素敵な気分になれました。