読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマグチ・セカイカン

 こんにちは。
最近は大分天気の移り変わりが激しく、先日台風が来たばかりだと言うのにまた台風が接近中のようで、なんだかもやもやした心持でこの数週間を過ごしています。この台風も、来たる秋・冬への下準備と言ったところなのでしょうか。最近はすっかり気温も下がって来て、十月の初め頃までに見えていた残暑と言われるようなものの一切が感じられなくなりました。もう寝る際には毛布と下着の上に羽織る寝間着が手放せませんし、夜の外出後の風呂が身に沁みます。これからさらに寒くなって、街路樹の葉もすっかり散って物悲しくなり、朝や夕にそれまでにない雰囲気を帯び、冬らしくなっていくんでしょうね。


 さて、今日は散髪してきた事を少し話そうかと思います。
今年の初めごろに私が5,6年以上もの間通っていた床屋が閉店してしまった事をお話ししましたが、今は家族に紹介してもらった美容院で髪を切って貰っています。当初は美容院と言う響きから、私のようなファッションセンスのない人間が行って許される場所なのか、と言う懸念があったのですが、現在は殊の外楽しく切って貰いに行っています。金額が少しばかり高額なのが難点ですが、私が「無難な、ワックスだとかを使わなくてもそれらしく見える髪型にしてください」というような煮え切らない要望を出してもちゃんとそれらしく切り繕ってくれるので、すごく有難く思っています。
 美容師の方は男性で、私が当初想像していたのとは少し違った、金色の髪を含ませながらも非常に落ち着いた声の小さい方で、私との会話にも好意的に乗ってくださいます。今回は、「大分夏も落ち着いてきましたねえ」という話と、夏の間どういう風に過ごしたか、なんて話をしました。美容師さんは、社員旅行で東南アジアに行ったのだけれども、とても独特な味付けがされたものばかりで、食べ物には非常に苦戦した、と言う話を苦笑いをしながら話してくださいました。
 大体施術は30分、40分ほどで終わり、大分さっぱりしました。前髪はまだ目に掛かるほど長めで、後ろや耳は短めに切って貰いました。どんな感じか、と言うのは中々表現し難いのですが、私の知っているミュージシャンに喩えるなら、クリープハイプ尾崎世界観氏とサカナクションの山口一郎氏の髪型を混ぜ込んだような、ヤマグチ・セカイカン。そんな髪型です。あいにくな事に、私は両氏の音楽にそれほど詳しくないので、こんな事を言ってしまうとファンの方に叱られてしまいそうなのですが……。


 最近の私の生活は、ぼちぼち、と言った感じで、特段良い訳でもなく、悪い訳でもなく、です。純粋に今の生活は楽しいと感じていますが、まだまだ生活の乱れ、精神状況の乱れがあり、一概に積極的な方向に進めているかは不安なところです。
ただ、最近は大分知り合いの方と、Skypeのようなボイスチャットやテキストメールなどで話をする機会も増えて来ていて、大分人との接し方も慣れてきた感触があり、それが少し嬉しく思っています。今までずっと一人で、したくても出来なかった話が出来るようになりましたし、こうした会話を通じて、表面上は見えない一面を知る喜びや重要性に気付く事ができました。これが私個人の生活にも良い潤いを与えられるようになったら、きっといい儲けになりますね。

 どうにもここの所日記や、ある方への手紙が空きがちになっているのですが、まだまだ書きたい事、話したい事はあるのです。でも、どうにも書くまでに至るだけの気力と決心がつかないようで、ひどく苦労させられています。
今の勢いが萎まないうちに、次の日記を書きたいところです。それでは、