読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画:パプリカ

映画

「パプリカ」(2006年上映)
原作:筒井康隆
監督:今敏

夢を共有することの出来る機会"DCミニ"を使用し、精神病患者の治療を行う医師・千葉敦子を主人公として、DCミニによる精神攻撃や、夢への介入といった一連の架空事件を描いたSFアニメーション映画。


私は元来サイエンス・フィクションというやつが苦手で、SF小説星新一の短編くらいで、筒井康隆なんてのは全く手に付けた事が無かった。「じゃあなんでこんなもの見ようと思ったのさ」なんて思われてしまいそうだけれども、むしろそのSFの苦手さこそが私がこの映画を見ようと思ったきっかけで、「九十分で本内容が全部わかる映像なら。おまけにアニメなら、この私にだって面白さの一片くらいは理解できるだろう」というのがそもそもの理由だった。

見終わっての感想は先ずストーリーがどうだとか、一つの作品としてどうだとかよりも「アニメというのを本気で作るといかにすごいものが出来るのか」というのが存分に伝わってくる映画だったな、というのが一番だった。

特に魅せられたのは、序盤のDCミニによって夢を犯された島所長が妄言を吐いて理事長室から飛び出し、窓を突き破り病院から飛び降りる、という流れからの所長の夢の中での人形たちのと大行進というくだりで、この時には鳥肌を立て「うッ」と一言漏らさずにはいられなかった。
加えて、ぞろぞろと動いていく奇怪な人形や廃棄物たちと共に行進をする島所長を描きながら背後で流れる平沢進の音楽も素晴らしく、まさに脱帽ものだった。

序盤のSFサスペンスといった感じの展開は、頭の悪い私には話の意味こそ解らなかったものの、なんだか凄いぞ、という独特の雰囲気が感じられて非常に良かった。
事件の犯人だと思われた氷室の発見から、別の事件の発生という繋ぎや、当初は事件と根底的な部分に於いては接触がなかった只の患者だった粉川刑事が夢と現実と絡み合っていく感じも見事で、とても興奮させられた。

兎角この映画の素晴らしいのはアニメーションと音楽。原作が筒井氏という事でテイストはかなり癖があるし、人を選ぶが、好みであれば、この上なく満足できるだけのポテンシャルは十二分にある。

物語面については、個人的な感想で言えば、終盤は広げた風呂敷をまとめきれずに終わったような感があり、若干消化不足だった。
当初あったSFサスペンスチックな雰囲気から”現実と夢の境目の消失”というファンタジー色の強いものに変わっており、受け手に説明がなされないまま話が進行してしまったのが残念だった。終わり方も何かよく分からないけどなんとかなったらしい、という印象しか受けなかった。この点については単純に私の脳が足りなかったのか、それとも終盤私が不可解だと感じた表現が象徴的な何かとして描かれていたのか、分からないためなんとも言えないのだが、慣れていない私には少し辛いところだった。

それからこれは余談だが、著名な映画「ローマの休日」の有名なワンシーンが少しばかり入っていた。勿論パプリカの登場人物に書き換えられたアニメーションとして。
先日私がローマの休日を観たのは恐らくこの日記を読んでいる大体の人が知っていると思うが、良い偶然だったな、と思う。

粉川氏のDCミニを使用した精神治療と、粉川氏の過去の出来事、というのも中々面白いもので、古臭い雰囲気と映画という題材は、少し前に見た「田園に死す」の主人公を思わせるな、と思った。


話が少し変わってしまったが、感想は前の映画と同様「よいものだった」だ。
東京ゴッドファーザーだとか妄想代理人と言ったような、近しい雰囲気を持って制作された作品もいくつかあると聞いたため、そちらも行く行くは見てみたいところだ。