映画

2017/03/17-(3) 綿菓子と海の泡と雪を

スクリーンの中に入ると、まだ本編は始まっておらず、近く公開される作品の予告編や鑑賞前の注意喚起などが流れていた。予想に反して、存外席は余っていた。たしか、全座席のうち、半分くらいは空席だったと思う。私はこの時になって、ちょうど今月頃から都…

2017/03/17-(2) 平均律で祝えば

それなりの距離を歩き回ったせいか、ふだんなら三駅もあれば文庫本を広げるはずなのに、この日は吊革につかまったきり、ずっとぼんやりとしていた。電車の中はまだ定時前ということもあって、座席は帰宅中の学生なんかで埋まっているにせよ、それほど混み合…

2017/03/08-(2) スパゲティーの残りを食べた

劇場を出たのは19時頃だった。 観終わったのは18時半で、それから近く劇場で公開される映画のチラシを何枚か貰ったり、パンフレットを買ったりした。パンフレットを買ったのは私ではなく弟で、どうやらだいぶ気に入ったらしかった。私も以前には熱心にアニメ…

2017/03/08-(1) 落ちてた謀反を拾ったまで

弟と映画を観に行った。観に行ったのは『虐殺器官』というアニメ映画で、私は一年半ほど前に伊藤計劃の原作を読んでいた。私が読み終えてから半年ほどして伊藤計劃の作品がアニメになるという知らせがあり、弟に原作本を貸してみると興味を持ったらしく、結…

2017/01/27-(1) なんのためにそんな手間を

ひと月ほどの間国立近代美術館の分館のフィルムセンターにて開催されていた戦後東ドイツの映画ポスターの小規模展示*1を観に行ってきた。その日家を出たのは13時過ぎで、その前に、近く必要になるはずのものなどを買い漁っていると、電車に乗る頃にはすでに1…

2016/12/24 すべてがあの古いロッジで

その日起きたのはたしか9時、10時といったところで、土曜日の起床時間としては少し早かった。暖房の効いていない部屋はとても寒くて、毛布に包まれていない顔――とくに鼻先は外から帰ってきたときのように冷えきっていた。 数十分ほど毛布にくるまったまま、…