読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/01/27-(1) なんのためにそんな手間を

ひと月ほどの間国立近代美術館の分館のフィルムセンターにて開催されていた戦後東ドイツの映画ポスターの小規模展示*1を観に行ってきた。その日家を出たのは13時過ぎで、その前に、近く必要になるはずのものなどを買い漁っていると、電車に乗る頃にはすでに1…

2016/12/24 すべてがあの古いロッジで

その日起きたのはたしか9時、10時といったところで、土曜日の起床時間としては少し早かった。暖房の効いていない部屋はとても寒くて、毛布に包まれていない顔――とくに鼻先は外から帰ってきたときのように冷えきっていた。 数十分ほど毛布にくるまったまま、…

2016/06/02 もう消毒は済んだんだから

年度が変わってから、ほとんど映画を観ていなかった。 数年前から映画を観始めて、それからどんどん鑑賞量が増えていたのだけれど、4月から是が非でも生活を変えなければならないということもあって、意図的に避けていた。4月に入って観たのが2本。5月に観た…

2015/08/13 鼻の汗を拭いてくれ、

先の日記で、アレクセイ・ゲルマンの旧作上映については後日に、ということを書いたので、今日はそのことについて書いてみようかと思います。……とは言っても、ソビエト映画なんてまったく不得手で、観たものといえばそれこそセルゲイ・エイゼンシュテインの…

2015/07/07 すごくロマンティックだわ、

先月の末に三本立てを観て来たばかりなのですが、一週空けて、また早稲田松竹へ二本立てを観に行ってきました。 今日のお目当ては「インヒアレントヴァイス」「トゥルー・ロマンス」の二本で、これは以前から観たいと思っていたものの、見逃してしまった二本…

2015/06/23 しだいに色濃くなる霧の中

久々に映画を観に行ってきました。電車に乗っての外出も久々で、友人と会って話した日以外散歩や書店に行くときくらいしかろくに外に出ていませんでしたから。 10時過ぎに家を出て、電車に乗り低血圧でぼんやりとした気分のまま先ず渋谷のイメージフォーラム…

新宿 珈琲家・吾郎

2015/06/03 6月に入ってまたいくらか財布にお金が入ったので、映画を二本、観て来ました。 昼間いっぱい使っての外出だったのですが、のんびりしているうちに一本目の上映の回に間に合うか微妙な時間になってしまい、一本目は間に合うかどうか、というところ…

テリー・ギリアム「12モンキーズ(Twelve Monkeys)」

「12モンキーズ(Twelve Monkeys)」 監督: テリー・ギリアム 脚本: デヴィッド・ピープルズ 出演: ブルース・ウィリス マデリーン・ストウ ブラッド・ピット 謎のウィルスによって人類の99%が死滅した2035年の地球では、わずかに生き残った人々は地上を捨て、…

2014/10/29 フランソワ・トリュフォー映画祭の記録「大人は判ってくれない」 

先週に引き続き、角川シネマ有楽町にて開催されているフランソワ・トリュフォー映画祭に行って来ました。今回観て来たのは彼の代表作にして初の長編作品「大人は判ってくれない」です。 前回と同じく、感想は軽く、感覚的に。それから今回は映画以外にもあち…

2014/10/22 フランソワ・トリュフォー映画祭の記録「華氏451」

先日、角川シネマ有楽町にて開催されているフランソワ・トリュフォー映画祭に行って来ました。観て来たのは、トリュフォー唯一のSF映画、レイ・ブラッドベリ原作の「華氏451」です。 今回はそのときの映画館の空気も含めてざっくり、感覚的に感想を書いてい…

H.G.ウェルズ/スティーヴン・スピルバーグ「宇宙戦争(The War of the Worlds)」

H.G.ウェルズ「宇宙戦争(The War of the Worlds)」 或る日のイングランドの一地方に円筒型の物体が飛来、衝突した。 今までにない出来事に楽観的な興味関心から群がる人々だったが、ひとつの事件によって大きく自体は変容し始めたーー円筒の中から、たこのよ…

I女史とのSF談義、一

七月の初め頃にI女史とインターネット回線を利用した音声通話で、最近の科学技術についてのニュースを取り上げながら、SF映画と絡めて色々雑談などをしたのですが、それがなかなかに印象深いものでしたので、簡単にあとづけなどをくわえながら記録などしてお…

ジョン・カーペンター「遊星からの物体X(The Thing)」

監督: ジョン・カーペンター 脚本: ビル・ランカスター 原作: ジョン・W・キャンベル1982年のアメリカ南極観測隊第四基地に一匹のハスキー犬と、ノルウェー基地隊員が突如やってきた。暴走するノルウェー隊員の射殺によって一件は終着をみせたが、ノルウェー…

スタンリー・キューブリック/アーサー・C・クラーク「2001年宇宙の旅」(2001: A space odyssey)

映画「2001年宇宙の旅」(2001: A space odyssey) 監督: スタンリー・キューブリック 脚本: スタンリー・キューブリック、アーサー・C・クラーク(共同脚本) 出演: キア・デュリア、ゲイリー・ロックウッド、ダグラス・レイン 月開拓の進んだ近未来、月のクレ…

ダニー・ボイル「トレインスポッティング(Trainstpotting)」

トレインスポッティング(Trainspotting)監督: ダニー・ボイル 脚本: ジョン・ホッジ 原作: アーヴィング・ウェルシュ 出演: ユアン・マクレガー、ケリー・マクドナルド、ユエン・ブレムナー007おたくでナルシストなシックボーイ、暴力的な酒飲みのベグビー、…

O市営のプラネタリウム鑑賞をめぐるあれやこれやについて、映画雑談

2014.05.06 GW最初の外出にして、最後の外出であった。出不精と髪型への不満を起因として四月中蔓延し続けた引きこもりの病はことのほか尾を引き、気づけば五月を迎えていた。 読み終えた本の塔や、見終えた映画のリストなどを並べて妙な優越感に浸るのもけ…

アントニイ・バージェス「時計じかけのオレンジ」、映画作品も合わせて

映画「時計じかけのオレンジ(A Clockwork Orange)」 原作: アントニイ・バージェス 監督・脚本: スタンリー・キューブリック 出演: マルコム・マクダウェル 整然とした管理社会が築かれた近未来のイギリス・ロンドン。とある一都市に住まうアレクサンダー・…

映画「ブレードランナー(Blade Runner)」

映画「ブレードランナー」 監督: リドリー・スコット 原作: フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」 出演: ハリソン・フォード、ルドガー・ハウアー環境汚染によって多くの人々が宇宙移住を余儀なくされた地球、残された人々は酸性…

スティーブン・キング「スタンド・バイ・ミー(Stand By Me)」、映画作品も合わせて

「スタンド・バイ・ミー」 「スタンド・バイ・ミー(The Body / Stand By Me)」 原作: スティーブン・キング 監督: ロブ・ライナー 出演: ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス ここから30マイルほどにある湖畔のそばに、死体があるらしい――ある日の秘…

映画「12人の怒れる男(12 Angry Men)」

映画「12人の怒れる男(12 Andry Men)」監督: シドニー・ルメット 脚本・製作: レジナルド・ローズ 主演: ヘンリー・フォンダ アメリカ・スラム街で起こった、少年を被疑者とした父親殺害事件の陪審議論室を舞台として、12人の陪審員による逆転劇を描いた社会…

映画「アンタッチャブル(The Untouchables)」

映画「アンタッチャブル(The Untochables)」監督: ブライアン・デ・パルマ 出演: ショーン・コネリー, ケヴィン・コスナー, ロバート・デ・ニーロ禁酒法施行間もない1930年代のアメリカ合衆国・シカゴを舞台に、大悪党アル・カポネを検挙すべく立ち上がった…

映画「ピンポン」

映画「ピンポン」 監督:曽利文彦 原作:松本大洋 脚本:工藤官九郎 出演:窪塚洋介(ペコ)ARATA(スマイル)中村獅童(ドラゴン)卓球に愛を注ぐ主人公ペコと、ペコの誘いによって卓球を始め才能を開花させたスマイルの二人を軸に、卓球に青春を賭けた高校生たちを描…

自由を説く事と自由である事は別だ、

映画「イージー・ライダー」 監督:デニス・ホッパー 脚本:デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ 出演:ピーター・フォンダ(ワイアット) デニス・ホッパー(ビリー) ジャック・ニコルソン(ジョージ・ハンセン)1960年代に起こった社会現象やムーブメントを題…

脱走を企てるのは捕虜軍人の義務だ、

こんにちは。十一月になりました、いかがお過ごしでしょうか? 少しずつ、少しずつ本格的な冬がこちらへと近づいてくるのを感じます。日に日にすうっと私の身体を突き抜ける風が鋭さを増し、私をそれまでに感じられなかった刺激で包みます。 まだまだ過ごし…

映画:スカイ・クロラ

監督:押井守 原作:森博嗣戦争請負会社の台頭によって、平和が保たれた架空現実を舞台に、寿命が無く怪我、病気以外では死なない”キルドレ”と呼ばれる人々を主人公として、無為に生活を営む人々の平和の維持を自覚させるためだけに延々と戦争を繰り返す”キル…

映画:ルワンダの涙

監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ 脚本:デヴィット・ウォルステンクロフト 製作:デヴィット・ベルトン1994年に起きたルワンダ大虐殺を課題として、ルワンダの首都キガリの公立技術学校に通う少女と、学校に住まう神父や教師を主な登場人物に置き、フツ族…

映画:ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間

監督:ピーター・ジャクソン 脚本:フラン・ウォルシュ、フィリパ・ボウエン 原作:J・R・R・トールキン遥か昔に生み出された、世界を滅ぼす魔力を持った指輪と、それを手にし世界を支配せんとする闇の冥王サウロン率いる闇の軍団と、それを阻むべくして立ち上…

映画:カサブランカ

監督:マイケル・カーティス 脚本:ハワード・コッチ、ジュリアス・エプスタイン第二次世界大戦下・パリ占領後のフランス領モロッコ、カサブランカを舞台として、米国への亡命を希望するフランス人イルザ、ラズロと、かつてイルザと愛し合った事のある賭博場の…

映画:気狂いピエロ

監督:ジャン=リュック・ゴダール 脚本:ジャン=リュック・ゴダール 原作:ライオネル・ホワイト日々の生活に退屈し切っていた、男・フェルディナンと、昔の愛人マリアンヌの逃避行を描いたミステリー・サスペンス映画。この映画を見ようと思った理由は「観て…

映画:アラビアのロレンス

「アラビアのロレンス」監督:デヴィット・リーン 脚本:ロバート・ボルト、マイケル・ウィルソン実在する英国人将校エドワード・ロレンスを主人公として、オスマン帝国(トルコ)からのアラブの独立戦争を描いた歴史映画。先日観た「プライベートライアン」の監…

映画:東京ゴッドファーザーズ

家出女子高生、ドラッグクイーン、自称競輪選手の親父のホームレス三人組を主人公として、ごみ捨て場に捨てられた名も無き子供の親を探して回るコメディアニメ映画。 先日感想文を書いた映画「パプリカ」の監督をされた今敏氏が同じく監督を手掛けた作品、と…

映画:プライベートライアン

「プライベートライアン」監督:スティーブン・スピルバーグ 脚本:ロバート・ロダット、フランク・ダラボン行方不明になった空挺師団兵士、ジェームズ・ライアンの救出を命じられたミラー大尉ら8名の兵士とノルマンディー上陸作戦における橋梁の攻防を描いた…

映画:雲のむこう、約束の場所

「雲のむこう、約束の場所」 監督・脚本:新海誠北海道と北海道以南に分断された、実際の歴史とは異なる未来に進んだ日本を舞台として、眠り続ける少女・沢渡佐由理と、主人公・藤沢浩紀、親友・白川拓也の恋愛、友情を描いたSFアニメーション映画。秒速5セン…

映画:グリーンマイル

「グリーンマイル」原作:ステーィブン・キング 監督:フランク・ダラボン生物の病気や怪我を癒す神的な能力を持った死刑囚の大男ジョン・コーフィ(マイケル・ダンカン)と、ポール・エッジコムら牢獄看守たち、他の死刑囚との関わりや一連の事件を描いた、ファ…

映画:雨に唄えば

「雨に唄えば」 脚本:アドルフ・グリーン 監督:主演:ジーン・ケリー無声映画から発声映画への転換期の模様と、自分の演技力に悩む俳優ドンと新人女優キャシーの恋を描いたコメディ映画。 ミュージカルというのが個人的にすこし苦手だった。あのわざとらしい…

映画:酔いどれ詩人になるまえに

「酔いどれ詩人になるまえに」 原作:チャールズ・ブゴウスキー 脚本・監督:ベント・ハーメル仕事場を抜け出しては酒を飲み解雇され、また小さな仕事にありつきまた飲んだくれてクビになる。バーで見つけた女と一日に4回もセックスし、少し金を手に入れれば金…

映画:パプリカ

「パプリカ」(2006年上映) 原作:筒井康隆 監督:今敏夢を共有することの出来る機会"DCミニ"を使用し、精神病患者の治療を行う医師・千葉敦子を主人公として、DCミニによる精神攻撃や、夢への介入といった一連の架空事件を描いたSFアニメーション映画。 私は元…

映画:ハムレット(1948)

「ハムレット」(1948年製作) 原作:ウィリアム・シェークスピア 監督:ローレンス・オリヴィエデンマークの王権争いを題材として、王子ハムレットの復讐を描いた、シェークスピアの代表的な悲劇。これまで複数回映画作品として製作されており、私が観たのは194…

映画:ローマの休日

「ローマの休日」原案・脚本:ドルトン・トランボ 監督:ウイリアム・ワイラー或る国の王女アンのローマ訪問を題材として、アンと新聞記者ジョー・ブラッドレーの一騒動と儚い恋を描いたロマンス映画。 ローマの休日と言えば、映画の定番中の定番。近年はこれ…

映画:ティファニーで朝食を

「ティファニーで朝食を」 原作:トルーマン・カポーティ 監督:ブレイク・エドワーズ自由の街ニューヨークを舞台に、売れない作家ポール・バージャックと思うがままに生きる女性ホリー・ゴライトリーとの愛を描いた作品。原作ではホリー・ゴライトリーの生き…

映画:秒速5センチメートル

「秒速5センチメートル」 脚本:新海誠 監督:新海誠遠野貴樹という一人の人間の成長を主軸として、篠原明里との遠距離恋愛や、澄田花苗の貴樹への片思いなどを描いたアニメーション映画。「この映画は人を選ぶ」というのが先ず第一印象だった。 この映画は、…

映画:二十日鼠と人間

「二十日鼠と人間」 原作:ジョン・スタインベック 監督:ゲイリー・シニーズ恐慌期のアメリカを舞台として、自分だけの農場を持つことを夢見る二人の出稼ぎ労働者の物語。感想としては、先ず第一に、原作小説の魅力の一つであったジョージとレニーの掛け合…

映画:田園に死す

昨日、母に「DVDを借りてくるが、何か観たい映画でもないか」と聞かれたので、名前だけ記憶に残っていた「田園に死す」と「嵐が丘」を借りてきてくれと頼みました。 今日の昼に、やる事も済ませて暇であったので、「田園に死す」を早速観てしまったのですが……